外反母趾が痛い時におすすめな靴の選び方


こんにちは、マカロニ健康家族の家長です^^

外反母趾にお悩みの方から友人を介して相談を受けましたので、

回答いたしました。

同じようにお悩みの方にとって、お役に立てばと思い共有いたします。

相談内容です。———————————————————
「外反母趾が当たって靴が痛いので、新しく靴を買いました。」

「履き始めは良かったのですが、しばらくしてまた、
 外反拇趾が痛くなってきのです・・・
 足が痛くならない靴選びのポイントはありますか?」
—————————————————————————–

靴選びをお伝えすれば、外反母趾の進行は防げますが、
それだけだとおそらく痛みはとれないし、
根本解決にもならないかな・・・

そこで、下記内容で回答いたしました。


①足にはアーチがある。
②なぜ外反母趾なったのか?考えられる原因は?
③どうすれば、原因は解決できるの?
④日常にとりいれて習慣化する
⑤どんな靴を選べばいいの?

①足にはアーチがある

 足は、アーチを形成しており、地面からの衝撃を和らげています。

このアーチが後述する原因により、崩れます。それにより外反母趾となる

 わけです。さて、どんなことが原因なのでしょうか。



②なぜ外反母趾になったのか?考えられる原因は?

 『自分に合っていない靴』・『性別の違い』・『間違った歩き方』・
 『足への刺激が減った』ことが考えられます。
 



『自分に合っていない靴』

 人の足の形は様々です。足の指の長さも違いますが、カタログ品は

 幅や長さが決まっており、その中から自分にあったものを選択しています。

 しかし、デザインが気に入ったからといって、無理やり足にあっていない靴

 を履いていませんか?


 靴の中で指が動かせないため、歩く時に指で踏ん張ることができません。

 このため、足指の役割を果たすことがなくなり、役割を果たせず甘えきった

 足の靭帯がゆるみ、また筋肉の働きも弱り、足のアーチがなくなります。

 また、女性はヒールやパンプスなど先が細い靴を好む方が多いため、

 アーチがなくなった足にストレスがかかり変形します。

 ※遺伝などで先天的に外反母趾の方もいらっしゃいます。


『性別の違い』
 外反母趾は、女性の方が多い傾向にあります。

 女性は、出産という大事な役割りがあるため、男性よりも筋力が弱く、

 関節も浅く作られています。

 数キログラムもある赤ちゃんをスムーズに産むために関節を緩める仕組みが

 備わっているのです。

 そのため、足の靭帯がゆるみやすく、筋力が弱くなり足のアーチが

 崩れやすいわけです。

『間違った歩き方』

 サンダルなどで洗濯ものを干したり、近所へ買い物にいきますよね。

 これは、要注意です。

 無意識にサンダルが脱げないように足をひきずったり、

 脱げないように足の指をあげたりしています。

 地面からの衝撃は、大きいとお話しした通りです。歩き方の悪い足で

 衝撃を受けたらどうでしょうか?

 足の形は、崩れます。

 
 足の中指を進行方向に向けて、歩きます。足先を外に開いたまま歩くと、

 親指で地面を蹴ることになります。

 う~ん、外反母趾を促進してしまいますよね。


 また、歩くときは内ももを擦るようにして下さい。これは、O脚防止にも

 なりますよ。内側の筋力は加齢とともに減少します。特に女性が多いですね。

 そのため、O脚になる女性が多いわけです。

 脱線したましたが、豆知識ですのでお試しあれ^^


 足裏全体で歩きます。

『足への刺激が減った』

 靴が足を守ってくれるため、日常生活で地面に危険なものが落ちていないかな

 と注意して歩くことは無いですよね。

 でも、小石が靴に入ると気になった仕方ないですよね?

 それぐらい、足裏って実は敏感な場所なんですよ。敏感だからこそ、刺激が

 入ると筋肉が収縮し足のアーチを維持することができるわけなんです。



 ただ、現代人は裸足で歩くことないじゃないですか。

 裸足で歩く国の人達は、整形外科的疾患となる足のトラブルはわずか約3%

 だそうです。日本は、約65%~70%。全然違いますね。



 日本では、子供達に怪我するものが落ちているかもしれない

 と言って、外では靴を履かせますよね。怪我をするから慎重に歩く、

 この習慣がなくなったわけです。しかも皮も鍛えられないという悪循環。

 だからといって、親の責ってわけじゃないです。

 親もあなたのことを想って履かせてくれていたんだと思いますし、

 それは、それで感謝!

 
 原因は、わかった。次は、どうやって解決していくかですよね。

 

③どうすれば、原因は解決できるの?

 根本解決としては、

 『足の機能を取り戻す』必要があります。

 足の指が動かし辛くなっています。それを動かしていきましょう!

 足も手と同じようにグーとパーができます。



 まずは、準備運動です。

 足の指をつまみ交互に上下させます。10回程度で次の指に移ります。

 これを両足行います。



 足の指と指の間に手の指を通します。これで指を上下に10回動かします。

 
 次にメインです。中足関節を折り曲げます。グーですね。

 パーは、指を横に広げる意識を持ちながら、手でひろげます。

 湯船でやるといいですね。10回ぐらいやりましょう。


 痛みがあれば、無理せずにできる範囲で運動してください。


『足裏を敏感にしましょう』

 足が甘やかされて、刺激が入らないのが現代人です。

 刺激をいれて、足をいじめましょう。

 ホームセンターで玉じゃりを購入し、その上を歩きます。

 毎日5分~10分歩くといいでしょう。YouTubeを見ながら

 歩くのもいいですね。

 マカロニ健康家族の動画を見るのもオススメですよ。
 
 宣伝ですよ。

 足つぼ刺激マットなどの市販品を活用するのもよいでしょう。



『テーピングをして中足骨を締めて足裏のバランスを整える』

 テーピングにより、土踏まずにある関節を締めて足のアーチを作ります。

 また、外反拇趾を抑制する効果があります。




『オーダメイド型矯正インソールを作成し、足裏のバランスを整える』
 
 これのよいところは、一度作成すれば面倒でないというところです。

 また、あなたの足裏にあったものであり、半永久的に使用できます。



『歩き方を整える』

 先述した通り、歩き方も重要です。いくら正しい形に拇趾を矯正したところ

 で、外反母趾を促進させる歩き方をしてると効果が薄れます。



④日常に取り入れて習慣化する

 これができれば、良い方向に向かいます。

 ごはんを食べたら歯を磨くぐらい、あなたの日常に落とし込むように

 取り入れていきましょう。

 お風呂に入ったら足の機能を取り戻す動きをする。それをしないと、お風呂か

 ら出れないぐらいにします!

 こればっかりは、私ではできないので、あなたが取り組んで下さい。

 応援しています。


 そして、靴選びが重要になってくるわけです。

 如何に自分にあったくつを選ぶのか。

⑤どんな靴を選べばいいの?

靴は、オーダーメイドがいいですが、市販品から選ぶ場合は、こんなことを

注意して選んでみて下さい。


『』


まとめ

靴選びは重要です。しかし、靴選びだけで外反母趾の痛みを根本的に取り除くことはできません。

・足の機能を取り戻す運動や処置をする
 グーパー運動や足裏への刺激を行う
 正しく歩く意識をする
 テーピングで矯正する
 オーダーメイド型矯正インソールだと矯正の習慣化が楽

・日常に取り入れる
 習慣化が痛みにアプローチしていきます。

・あたなに合った靴を選択することで、外反母趾を進行させず
 痛みが伴わない生活になります。


外反母趾で悩まれている方、痛みがない予備群の方、
たくさんいらっしゃいます。

外反母趾は、少しずつ浸食してきますので、あれ?なんか曲がってきたかな?

と思ったら、足の専門家にご相談ください。

足の専門家である『フットマスター』からお近くのお店にご相談ください。

親身になって対応してもらえます。



では、『足からの健康が日本を救う』と信じている家長でした^^

少しでもお役にたてれば幸いです。



参考:外反母趾切らずに治せる、自分で治せる 著 笠原巌
   靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える 著 新保泰秀



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です