ふくらはぎは、歩くだけで引き締まる。簡単に誰でもできるその方法とは?


ふくらはぎを細く引き締めたい方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

引き締まった脚は、魅力的ですね。

これは、何歳からでもできます。

しかも日常生活でできちゃうから簡単です。その方法を知りたくないですか?

それには、ふくらはぎの役割がカギになります。

先日、『新保式ボールウォーキング』を受講してきたので、その内容にも触れていきます。

ふくらはぎは、

・膝をまげる

・つま先をさげる

ことができます。

つま先をさげることで、ふくらはぎが縮み血液を体の上に送るポンプになります。

そのため、ふくらはぎが使えると血流が良くなるわけです。

血流がよくなれば、体中に栄養や酸素がいきわたります。

ふくらはぎが上手に使えると筋肉に刺激がはいります。

ふくらはぎに力をいれるのではなく、足首を使えることにあります。

足首を使えるようにするポイント

足先を進行方向にむけます。前足も後ろ足も、足の中指が進行方向に向いていることに意識します。

足先が進行方向に向いていると、足首が内側や外側に過度に倒れることがなくなります。

足先が進行方向にむくことで、前足のかかとでの着地時はつま先が上を向いてふくらはぎが緩み。かかとからつま先へと体重移動したり、後ろ足が地面を捉えると、つま先が下を向くことでふくらはぎが収縮します。

まずは、これだけで大丈夫です。

これを一日の歩く中で100歩を目指し、200歩 300歩と増やしていきましょう。

まずは、習慣化することからです。

人は、習慣が人生を作っています。

引き締まった足をつくるには、まずはやってみましょう!


当店では、歩き方もお伝えしています。是非、ご相談ください。

また、足首の使い方をマスターして頂いたのなら、さらに足首の位置を正しい位置にすることをオススメいたします。

よりふくらはぎを効果的に使えるようになります。

当店のインソールは、あなただけに合った足首の位置で作成いたします。

しかも、インソールは特に努力もいらず、靴に入れておくだけでOKです。

是非、ふくらぎの引き締まっていく変化をお楽しみいただけたら嬉しいです。


『足から体を健康に!』
美しく綺麗な足作りを応援します。